録画知識を学ぶのメモ

Haskell.SGの参加者が増える一方なので、時々に Meetup.com のイベントページで講演を録画するかどうかの問題があるんです。デジタル放送と録画を学ぶ良いのチャンスと思って、友達からノートパソコンで録画の知識を習っていた。内容は必要の機材を買うと放送するソフトウェアセットアップがあります。ワークフローが複雑ではないといっても、簡単にも言うことができません。だから、ブローグのこちに記したい。録画したい人々はこのメモを有用と思うかもしれない。  

機材

まずは、スピーカーのノートパソコンの画面を録画して、録画のカードを使います。私はAVerMedia Live Game Portable を勧めます。この製品はゲームのライブストリーミングの世界で人気があります。ノートパソコン出力の画面がカードを通じて、捕捉します。

2015には、ノートパソコン出力の線は大体では HDMI です。信号をコピーしたら、HDMI スプリッターを使います。一つの出力はプロジエクターの入力をコネクトするて、別の出力が AVerMedia カードを合います。

スピーカーの画面以外、スピーカーの顔を見える擦れば良いだから、デジタルカメラも必要です。Logitech の C920 は雑誌でお勧のカメラです。 1080p HD の映像も機能があります。

録音なら、Audio Technica の AT2020 マイクを使って、録音品質が素晴らしいです。スタジオの品質。

アナログの信号からデジタルの信号変換して、Shure の XLR - USB のアダプタを買った。

以上、録画したら、全部のアイテムお是非準備してください。

ソフトウェア

ゲームライブsトリーミングついて、通常使うのソフトウエアはOpen Broadcaster SoftwareXSplitです。XSplit が費用がかかりといっも、OBS より安定してはない。OBS を勧めます。

OBS では、複数の画面をミックスして、Scene を作ります。Scene はスピーカーの画面とデジタルカメラ録画含みます。一つ画面は別の画面を重なり合います。オーディオも加えられます。パネルで AT2020 からの信号をえらぶなら、Scene がオーディオを含みます。

 

結語

ライブストリーミングも、デジタル録画も、重要なってつつあると思います。自分の興味にも、マーケティングの必要にも、ビデオの内容の録画の能力をいなければならない。