LG G Pad 8.3 の オペレーティング·システムをCyanogenmod に作る

日本語を勉強したから、専門的の文が日本語で書くのやってみます。文法は違うが多いと思います。しかし、練習すれば練習するほど、時間をかけて上手になる。

LG G Pad 8.3 を持っていたは一年があります。大体の使用は問題じゃない、 一つ迷惑な問題はSD CardがAndroidシステムに頻繁に見つけないでした。この悩んだ問題はLG提供されたのアップグレードで解決されない。それ以上、誰よりも知っているLGのアップデートが遅いでした。昨年十一月について、GoogleはAndroid Lollipopを発表した。私のNexus 4はLG G Padより一番OTA受け取った。Android Lollipopが好きでした。Android 4.2と比べも長い電池寿命がありました。だから、LG G Pad 8.3はAndroid Lollipopに搭載されたときめました。

Android向けカスタムROMとして最もメジャーはCyanogenmodですが、Cyanogenmod 12をAndroid Lollipopのシステムをとして決めました。しかし、インストは難しさがたくさんある。誰かも同じの問題を悩んだのため、ここで書きました。

まずは設定用の画面出てくるして、あなたのAndroidのバージョンを調べした。もしもあなたのバージョンはV50020D、システムをダワングレードする必要があります。理由はLGの更新がバグを修正するでした。アップデートを行うれば以下の操作が無効になった。わたしはV50010Cをダワングレードした。

Stock Firmwareを回復して,LG Flash Tool 2014を使用すればいい。この XDA Stock Firmware話し合いスレッドは説明でした。ただしStock Firmwareを見つける。

古いバージョンがインストールを確認したあと、Androidをroot化したは簡単な部分です。まずは、IORootをダウンロードした、プログラムを実行した。予期しないの意外がありませんなら、rootの権限が取得するでした。

次に、Flashifyをインストールする。このアプリケーションはリカバリーのソフトウェアの難易度が下げるでした。わたしはTeamWinをリカバリーとして選ぶんた。2.6.3.0のバージョンをインストールが必要があります。それよりもおおきなバージョンがダメです。ぞれバージョンはv510に作りました。もしも大きなバージョンをインストールでしたら、「Secure booting error! Cause: boot certification verify」のメッセージを起動時に表示された。

2.6.3.0のTWRPをインストール成功したあと、もたCyanogenmodを搭載したできない。このバージョンのTWRPはawifiのデバイスIDを検査して、コミュニティ作るのROMをインストールできない。Googleでv500-TWRP_2.6.3.2-recovery.zip検索して、デバイスIDがv500を目標された作るのTWRPをダワンロードしてください。zipファイルはSDカードにロードして、TWRPリカバリー起動して、リカバリーにあのv500-TWRP_2.6.3.2-recovery.zipをインストールしてください。adb shellでインストールの方法がダメです。理由が不明。

それでは、cm-12-20150128-NIGHTLY-v500.zipはCyanogenmodのウェブサイトからダワンロードしてください。同じのような、zipファイルはSDカードにロードして、TWRPリカバリーにzipファイルをインストールする。その後、Cyanogenmod 12を受け取るでした。

Google Appが欲しいなら、pa_gapps-modular-micro-5.0.1-RC2-20150125a-signed.zipを検索して、5.0.1のmodularバージョンをインストール。大体は同じの手順でした。